東京都内で複数の歯医者を展開している医療法人の事務長のブログだよ

東京都内で複数の歯医者を展開している医療法人の事務長のブログだよ

歯科医師・歯科衛生士、レアポケモン並みの遭遇率。

f:id:jimuchoudayo:20210525103121j:plain

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の求人について

事務長だよ。

 

 

歯科医師・歯科衛生士のみなさん。

進路、迷いますよね。

 

一般の会社も同じではありますが、求人票に載っていない情報が原因で退職されたりすることがとても多くあります。人間関係とか人間関係とか人間関係とか。

新卒歯科医師の50%以上が女性になりましたよ。となると開業しないという選択をする方も多くなると思うんです。

 

そんなわけで、進路選びについて、実例あげて書いておきます。ぜひお読みいただいて正しい就職活動・進路選びを行ってください。

 

大体ですが、

歯科医師は6年間の歯学部の過程を終えて、歯科医師免許取得と卒業し、1年間の卒後臨床研修に入りますね。

で、研修終わるころに、部活の先輩や、学校のだれかの紹介や、過去の実習先などからオファーがあって、だいたいそんな感じで就職先が決定しますよね。

私たち歯科医院側が、研修明けすぐの歯科医師に求めるのって、もちろん「売上」とかじゃなくて、貴方の「将来性」なんですよね。1年後保険診療がそこそこできて、2年目にはあれこれできて、3年目には・・・って、貴方のその後を思い浮かべて、採用するんですよ。

貴方が将来どうなりたいか?なんて二の次で、将来的には利益をもたらしてくれるはずの戦力への投資なんですよね。

だから、「貴方の将来なりたい姿」と「クリニックが貴方になってほしい姿」が合致していないと、悲惨なことになります。

「学ぶ」ということに専念できるのは、研修中の1年と、研修後の半年がいいところ。

その後の「学び」は、受動的には起こりえず、能動的に行わなくてはなりません。

 

例えば、「将来外科に進みたい」って思って、中小の一般歯科に進路を切ってしまったら、外科の症例なんてみることすらなく1年が終わります。かといって将来開業したいのに大学に残ってしまったら、一般歯科で扱うべき症例を触ることなく、レアケースの症例だけをただただ毎日行うことになります。

ましてや、中小のクリニックでは症例数があったとしても、「貴方がオペ」することがあり得るわけがありません。理事長なり院長なり、成功率が高い人がやるのが好ましいに決まってますし、その人たちのアポイントが全面的に埋まり切るはずもありませんから。1日100人くるクリニックだって、週のオペはいいとこ10件でしょう。

そういう目線で就職先を選んでいますか?開業したいならペリオか一般歯科特化したクリニックに行かなければなりません。将来的に開業したいかしたくないかっていうのはとても大きな要因です。開業したくないなら、したくないなりに、やりたい症例だけが集まってくる地域の病院などにいくのが好ましいです。

女医だから小児ってのは勝てる要因ではありますけど、だったら1期の矯正くらいやれるようにしてこいって話ですよ。

もし、途中で意思が変わってしまって、やっぱり開業したいなって思って舵を切れるのは3年目までだと思っていいです。

3年外科やってきたけど、これから開業に向けて一般歯科をやっていきたい。OKです。

10年外科やってきたんだけど、これから開業したいので一般歯科で学びたいです。×です。それか給料、新卒並みでいいですか?って話。

10年の経験があって、抜歯しかできないとかいまさら「学びたい」とか言ってる場合じゃないんですよ。抜歯アポメインで、一般歯科もちょっとできます程度に就職活動しないと。

他にも、週2はペリオのクリニックでバイトして、週1は訪問やってるんで、週2だけお世話になりたいです、、、貴方が将来どうなりたいかは二の次なんですよ。クリニック側からしたら、「将来的にこのクリニックに残る可能性ゼロな人に投資するか?」って話ですよ。貴方に教えることはクリニックにとって負債なんですよ。投資なんですよ。でもリターンないじゃん?得るもの得たら辞める気マンマンじゃん。

 

本当に、卒後研修先と、その1件目、すごく大切なんですよ。

お世話になった先輩の紹介だからとか、そういう理由はもうどうでもいいんですよ。

口外に行きたいなら、100%の力で外科に向かってさ、

ペリオ行きたいなら、100%ペリオに向かってさ、

摂食嚥下なら、100%でっかい病院に就職ですよ。

あれもこれもそれもやりたい気持ちはわかるけどさ、そんなに並行して身に着けられるほど貴方は器用なんですかってこと。

 

貴方の就職先には必死で追いかけて追いついて追い抜こうとする院長・理事長がいますか?10年先輩の姿を見て、貴方はそうなりたいですか?

 

そこんとこよく考えて就職活動してください。

 

 

あと歯科衛生士さん、正直にいうと貴方達、10年同じ職場にいることはありません。退職金なんてなくていいですよ。どうせ辞めちゃうんですから。

毎日毎日毎日歯クソ掃除して、1か月後にはまた歯クソためてきて掃除して、いやにもなるよ。しかも、結婚して、出産して、ブランクできて。技術があっても再就職したら新卒と同じ給料だし。やる気もなえてきますよ。

だから、きちんと予防、学んで。対処的なSCやSRPも十分に大切な業務だけど、結局一番重要なのはTBIだから。貴方が育てた患者が、よい状態で長期間健やかな口腔環境であられるかどうかは、ScやSRPじゃないよ。TBIだよ。ちゃんと学んで。勉強して。

どうやってこの人をあと一歩いい状態にしてあげられるか考えて。初診で縁下に歯石が見えたって、まずは縁上のScとTBIだよ。意味も分からずSRPやったってどうせみえないんだから「なんかやられた」ってしか思わないよ。

そのTBIにこそ、熟練の歯科衛生士しかできない価値があるんだよ。自費のメインテナンスに価値が見いだせるんだよ。

 

 

 

という求人活動うまくいかない愚痴です。

紹介業者頼っても自力就職不可能なコミュカゼロしか来ないし。

なんでユニット10台で新人常勤Dr5人も就職してんだよ。意味わかんねーよ。

一人下さいorz