東京都内で複数の歯医者を展開している医療法人の事務長のブログだよ

東京都内で複数の歯医者を展開している医療法人の事務長のブログだよ

前々々々回からの続き しょぼ歯医者のコンサルネタパート6

jimuchoudayo.hatenablog.com

 

事務長だよ。

 

コンサルネタの続きだよ。

前回は、患者を増やす準備として、MAX受入数の改善と、その意識をみんながもって働けるかってことだよ。

要は、「急なアポイントの変更」についていけるかってことです。

 

だってさ、考えてみ持てよ。どうして歯医者行こうとおもったん?

どう考えても痛いからでしょ。

じゃぁいつみてほしい?

今でしょ?

 

つまり、初めて歯医者に行く人の多くが急患だってことなんですよ。

とはいえ、限界MAXまで前日までにアポつめこんじゃって、当日急患来たら「激待たせです」では、すぐこなくなっちゃうんですよ。

いいんですよ痛い人は待ってでも今日みてほしいから。待ってくれる。

でも、その待ってくれる人をさばけないと、次の正当な予約の患者も待たせちゃうんですよ。

だから、とにかく時間に余裕を作れるよう、準備や片付けを速攻でやることが必要で、そのためには、Drの処置能力もそうだけど、助手が適切に動けるかどうか、衛生士が仮封外したりつけたり判断して動けるかどうかもすごく大切なんですよ。

 

4か月目になって、私は宣言しました。

「さて、準備はできました。みんながんばりました。ここから新患をとりに行きます。」

と。

 

こちらに来ることになった直後からSEOSEMいじって、3か月が経過しました。

対策の結果はでていて、PVはかなり増えていて、3倍弱になってます。

また直近になって、GOOGLE広告つかって、急患とか痛いとかに予算投入。

 

最も単純な「地域名+歯医者」に全予算ぶっぱなし。

 

そして3か月リコールが直撃。ほぼフルで予約が埋まるようになった。 まぁ、並列診療としてはゆるゆるだけど、一応目標のアポ数に達したってことだね。

 

WEBにガツンと予算投入してすぐちょろちょろと急患が入り始めて、2週目には毎日2~3名づつ初診急患がはいることになってた。3か月前までほとんど初診が途切れていたにもかかわらず。

前年同月の新患30名の、25名増。

来月は50名増くらいまで行けるかな。